●スティーブサイクスからハイグレードなレオパが入荷しました

2017.10.23
紹介し忘れていた
レオパードゲッコウ 『マックスノー』のヤング個体です。

マックスノーは他のスノーと同じく、黄色みが減少して白と黒のような外観をしています。
幼体時ほど白が強く、成長につれて薄いクリーム色など黄色みが出てくるのも他のスノーと同様です。
マックスノーが他のスノーと違うのは遺伝形態にあり、共優性遺伝子であることです。
共優性遺伝子とは優性遺伝に近く、マックスノーとノーマルを掛け合わせた場合、次世代の子供に50%の確率でマックスノーが出現します。
さらに、共優性遺伝子同士を掛け合わせると25%の確率でスーパー体と呼ばれる表現が表れます。

輸入日 2017年8月 
入荷日 2017年9月1日
生産地 アメリカ スティーブサイクスCB
性別 不明
12800円+税

馴れやすく、飼育も容易な爬虫類です。
馴れてくると動きも遅くハンドリングがし易くなります。

飼育する上で、紫外線ランプ・スポットライトは必要なく、冬場は専用のプレートヒーターを使い温度調節をして下さい。
脱皮するときに湿気が必要となるので専用のウェットシェルターを使用される事をオススメします。
餌はコオロギに必ずカルシウム・ミネラル等をダスティングしてあたえて下さい。(十分にダスティングしないとカルシウム不足によりクル病になります)